Five Under

ぬるぬる生きてます。
 
<< あなたの同人誌のCMにいかが | main | 匣の中の娘二次創作アレンジ 『箱の外の娘』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.01.09 Sunday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
東方二次創作 『獣はまた月に咆ゆ』

  穏やかな日常は、そうであれと一人の女が願ったものであった。
 変わらない日常は、そうであれと一人の女が叶えたものであった。
 それはそれで十分だったはずである。
 ただそう望んだ彼女だけが、いつだって苦しみ喘いでいた。
 わたしは、そんなあいつがひどく羨ましかったんだろう。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 村端に生えた背の高い一本樹の頭には、腰を置くのにちょうどよい枝が伸びている。藤原妹紅はお気に入りのそれへもたれ掛け、一頭近い陽の暖かさに頬を染めた。妹紅にとって昼を済ませた後の何より好きな時間であった。頭の下ではしゃぐ子ども達にも、慣れた今ではそう煩わしくもなくなった頃だ。
「けーねせんせー」
 藍色の鞠を手にした小さな女の子が、耳に届くぐらい大きな声で名を呼んだ。目下せば子ども達の輪へと、けーね先生こと上白沢慧音がゆっくりと歩いてくるのが見える。
 慧音は妹紅の視線に気付くと陽射しに目を細めながら微笑んだ。それを妹紅は何故かも解らぬ気恥ずかしさから、ろくに手も返さず顔を背けてしまう。けれどさして気にした様もなく、駆け寄った子ども達に急かされて「はいはい」と足を急ぐ。
「それじゃあ、今日は何をしましょうか」
 慧音の穏やかな優しい声はとても慈愛に満ちていた。


 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 カラスが鳴くからかーえろ。
 赤く染まった夕暮れに小さな影が背を伸ばす。
 また明日、また明日。
 手を振りながら別れを交わし、子ども達は散り散りにと家路についた。
「さようなら、けーねせんせい」「さようなら、けーねせんせい」
「はい、さようなら。気をつけて帰りなさい」
 子ども達を見送った慧音は再び寺子屋の門戸をくぐり、自らの書斎へと敷居を跨ぐ。卓座へ向かい筆をとり、半紙へ墨を走らせる。皆の出した宿題へ○や×やと付けていく。あの子この子と×が多いのもご愛嬌。
 秋風が夕餉(ゆうげ)の匂いを届けると思わずお腹がグゥと鳴る。隣のお宅は魚かな。向かいのお宅はお肉かな。
「今夜のおかずは何にしようか」
 そろそろ寒くなる頃だ、鍋の用意もするべきか。どんな料理を作ろうと、文句一つ言わずに食べる妹紅を思い浮かべ、思わずクスリと笑いをこぼした。
 そこへドンドンドン、と。力の限りに叩かれた玄関扉に思わず身を驚かす。叫ぶように名を呼ばれ、慌てて急ぎ戸を開けると三軒隣の若い夫婦が蒼ざめた顔で飛び込んだ。
「なんだい、なんだい?そうも慌ててどうかしたのか」
「先生さん!うちとこの子がまだ帰って来てねぇですだ!」
「なんだって!?」
 一応に振り返り教室を覗く。もう日も暮れる頃だ。隠れん坊でもして忘れている事もあるまい。
「そいつは放っておけないな。私も探すからおまえ達は皆に声掛けて手伝ってもらうんだ。
 心配せんでもきっと大丈夫さ。ちょいと横着が過ぎてるだけだよ」
 日頃と信頼の厚い慧音の言葉に夫婦の顔は不安を消せねどもしっかりと頷いた。


 村にはぐるりと篝火焚かれ、松明を手にした大人達が右往左往と巡り廻る。
「こうも騒々しければ、眠ってた鬼も起きだすってもんだ」
 また慧音の家へご相伴に預かろうかと村に戻った妹紅には、これを否応無しに異変と気づく。普段にのんびりとした村の衆が日も落ちたというのにこの慌て様。知らぬと吐くには無体な話である。
 彼等が方々に呼ぶ声を聞けば、どこかの子供が居なくなったようである。という事は須らく慧音も駆出してるわけで。
「しょうが無いわな」
 このまま聞き逃すには以ての外。トンと踵を返し何処へと駆ける。森を開け、古池覗み、さりとて小半刻と経たぬ内に見慣れた妖怪が行く手に降り立つ。
「今晩は、まるで酔ったような月ですね」
 高く望めば満ちた月。赤々とした顔を拝ませる。
「山の天狗まで十五夜に飛び跳ねるとは知らなかったよ」
「あやややや。これは拙い所を見られてしまいましたね」
 射命丸文は、照れたように葉扇で顔を隠す。
「それで……何を、知ってるんだ」
 確信づいて言い切るも、それに驚く様子も無く。
「手にしたネタはあまり安売りしない主義なんですが――――」
 一歩、両の手を腰添えて妹紅は強く地を踏む。まるでこの森が燃え上がりでもしたような、蒸した熱さに文はじんわり汗を浮かせる。
「ですが、結末の無い記事を書いても面白くはありませんね」
 そう言い反(かえ)し、さも無造作に一扇(いっせん)払えば途端突風が吹き荒ぶ。舞い上がった土埃に妹紅は顔を覆った。
「交換条件といきましょう」
「ブン屋。何を求める」
「そうですね……では、今度にでも貴女とかの女との馴初めについて取材させて貰いましょうか」
 あわや勝負でもかと覚悟したものの、文の意外な申し出に肩を透かす。
「なんだ、そんな事か」
「おや。では快諾頂けるので」
「別に面白い話じゃないさ。お前が記事にする程の事でもない」
「それも構いません。一存に私の趣味ですから」
 ニコリと笑う文の笑顔に何かとても厭気がしたが、これもまた仕方あるまいと諦める。
「実は、先刻にして大柄な妖怪が人の子をその手に抱いて森を駆けていく姿を見まして」
「……それをお前は見逃したってのかよ」
 歯軋む妹紅の睨みを葉扇で払うと、声安らかに否と呈する。だがその上で見据えたように小馬鹿した瞳をなげた。
「勘違いなさらないでください。私には弱きに手を差し伸べるような趣味はありませんよ。この手この耳この眼は、幻想郷のあらゆる興事を見聞すれば書き留める物。ましてやこの身は妖怪です。貴女と床帯びたあれのような半着者ではありません」
 その清々たるや、ゆるりと妹紅の溜息を過ごし、さっと涼やかな風を吹き込んだ。
「お前は憎い奴じゃないが、どうも好きにはなれないな」
「それは残念です」
 もう用は無いと去る妹紅を一つ呼び止める。
「あぁ、そうそう。次いでと言ってはなんですが。こんなものを拾いましてね」
 何処から出したのか、妹紅の足元へと小さな鞠を転がし寄越す。それは何かと手に取れば、べったりと色付いた朱。
「向こうの山の、そのまた向こうの谷の底でしたか。岩壁に穿れた大穴の前にでもあったかと憶えますが」
「確かなんだろうな」
「天狗の鼻に賭けまして。清く正しく誠実にが私の生業です」
 天狗が真実を言う義理は無い。だが、嘘を好しとする意義も持ち合わせては居るまいと納得する。
「その言葉。己以外にも向けて欲しいもんだな」
 深く消えていく妹紅を見届け「それでは」と文も静かに後を着く。


 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


「きっと山の妖怪の仕業だ!奴らが子どもを攫ったんだ!」
 男が鳴一杯に机を叩き、殺気を立てて怒鳴り吐く。
「皆で山の妖怪を退治するぞ!」
 そうだ、そうだと口々叫び、斧や鎌やと手に掴む。
「やめなさい!皆も落ち着くんだ!」
 今にも飛び出しそうな村人達を慧音は必死に押し止めようとも、もはや彼らには承知の沙汰と為しもせず。
「……よし、わかった。ならば私が山へ行こう」
 思っても無い慧音の言葉に、皆々一口に静まり返る。
「先生さ一人にそんな事させるわけにはゆくまいで」
 老いた村長は頭を振るい、皺束ねた顔を更に渋る。
「なに、私だけなら大丈夫だ。それとも、誰か私ほど腕の立つ者は居るまい」
 言葉に詰る村男衆を納得と受け取り、必ず連れて帰ると一言残し慧音は村を発った。


 月光浴びて獣は跳く。足嵩茂る草葉に裾を裂き、低く伸びた枝に頬を打ち、それでも止まることを忘れてひた駆ける。
 山が森の静けさや、谷に聞こえる風吠えにさえ惑う事も要とせぬ。
 ならば何故にも違えぬかといえば、木々に刺さる鴉の如き黒羽がその行く路を誰彼かに教え指していた。
 よく知った匂いのする、物珍しげに眺めた羽が記憶に浮かぶ。何故今宵にこんなモノが?
 しかしそれも然したる疑問にさえならなかったのかもしれない。あの新聞屋ならすでに嗅ぎ付けているであろうと。
 遠く、森の焼けた臭いがした。ついで流れてくる焦げた肉の匂いに涎をわかせ、甘い血の臭いに喉を鳴らす。今一走と足を早め駆けつけた先、見慣れた人物には旧く懐かしい顔を見た。
「妹紅!」
 焔纏う彼女の足に踏み押さえられ、焼け崩れた四肢に身動きを取れない巨躯なる妖怪が息も絶え絶えにか細く呻く。
 妹紅は見つかったとばつの悪い顔にため息を吐く。
「あの馬鹿烏。余計な事を」
「一体なにを――――」
 言葉を遮って、赤い鞠を投げてよこす。それを認めた瞬間、慧音は死にかけた妖怪へと飛び掛る。
「おまえがっ!おまえがああああ!!」
 悲鳴だったのか。嗚咽だったのか。ひどく胸の痛くなるような叫びが何度も何度とこだました。


 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 十と五つ夜月重ね、今宵は満ち月断りて、団子を摘まみに祭囃子は静やと一献。
「……いつも思うんだ。きっと身勝手なんだろって」
 人の目には遠く離れた木々間から、どんちき騒ぐ村人を眺めて慧音は声を細く震わす。
「私にはこんなことしかしてやれないのか」
 悲しみを失くした人間達は、さぞ幸福な事だろうや。されぞ不始末な事だろうや。
「ーーーーわたしにはどっちが正しいのかなんて知らないさ」
 妹紅は立ち上がり尻を掃う。
「それでも、おまえが人間達を助けたいってんなら……まあ、気が向いたら手伝ってやるよ」
「ありがとう妹紅」


 ◇◆◇◆◇◆◇


 古い話である。
 見渡せどもまるで先の見えぬほど生え伸びた青竹が右を左を埋め尽くす中、小さな咳子を背に担ぎ、慧音は緑のスカートをはためかせ駆けた。息を荒げ、汗に張り付く髪に目を険締める。
 だが突に、その前へ降り立つ影に足を止める。邪魔とばかりに睨み付ければ、また睨み返する人のような少女。彼女は口から火でも吹くのかと、怒気をはらんだ声で咎む。
「その子供をどうするつもりだ」
「見れば判るだろう!この先に住んでいるという薬剤師に診せに行くところだ!」
 一刻と刹那欲する今間において、余計な手間だと苛立ち返す。
 それを呆れ小馬鹿すように妹紅は渋り顔を見せる。
「冗談かい?最近の妖怪はずる賢いからな」
「私がこの子を食べるとでも思っているのか!」
 言い立て慧音はふと思い出す。竹林には迷い人を助ける奇特な少女が居ると。
「当然だろ。まさか妖怪が人を救うとでも言う気かい」
「人を食わないのも、今私の前に居るようだが」
 その言葉がよほど思い掛けなかったのか、半ば驚いたようにきょとんと見返す少女の顔に、慧音は思わず笑いを零す。
「なにが可笑しいかっ」
 顔を赤らめて怒る少女に、また可愛らしさも覚える。咳払い一つに口整えると慧音は背の子を彼女に向ける。
「いや、すまんすまん。だがそうも言うならば、お前が連れて行けばいい」
 わしゃわしゃと頭を掻き、小事考えた挙げく少女はかぶりを振う。
「いや、お前が背負え。私はその道案内をしてやろう」
「そうかい。まだ礼は言わないでおくよ」
「だったら、わたしもまだ謝らないでおこう」
 道すがら少女は藤原妹紅と名乗った。

【2011.01.08 Saturday 23:12】 author : りゅうと | Novel | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2011.01.09 Sunday 23:12】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://fiveunder.jugem.cc/trackback/543
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
AMAZON
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP